看護師の妻を尊敬しています。

AGA(男性型脱毛症)の治療について

AGA(男性型脱毛症)とは、思春期以降に額の生え際や頭頂部の毛が薄くなり、進行していくといった特徴がある男性の脱毛症です。何かわからないことがある場合はAGA 博多でサポートします。
一般的な原因としては、男性ホルモンの一種であるDHTや遺伝要素が関係していると言われています。徐々に細かくて短い毛が多くなり、全体的に薄毛が目立つようになります。このような症状は最近では20代の若い方にも見られる方が増えてきているように思います。このような方々は若いのに毛が薄いといった真実を受け入れられず葛藤があり、またプライドを持たれている方もいらっしゃいますので治療に至るまでの時間ぎ長い方も多いのではないかと考えます。どうしたらいいかわからない場合はAGA 東京で診断を受けてみましょう。

 

そのような症状の方々に、クリニックなどの専門機関で処方されているものの中に、プロペシアというAGA専門の内服薬があります。プロペシアは男性ホルモンの一種であるDHTの産生を抑えてくれる重要な役割を果たします。効果は個人差があります。半年以上は継続して飲み続けた上での効果をみていただくことが望ましいとされています。内服された方の中には改善効果がみられた方もいらっしゃれば、ハゲの進行抑制効果にとどまる方もいらっしゃるとのことです。
こうゆうことははやめにやるといいので早速AGA シャンプーを毎日使うことにしました。